« ウケる〜 | トップページ | 今年メラドまだ2試合しか行ってないのに »

2017年8月15日 (火)

お盆も終わり 2017

すべてアマゾンから画像を持ってきました。
夏風邪が一ヶ月、やっと落ち着いてきました。
今、数学の勉強をしています。復習していますって言えりゃいいけど、学校を卒業できたのが不思議なくらい、覚えてないわ。
なぜ今更数学の勉強をしてるのかといえば、10年ほど前に今の会社で戦力外宣告を受けてトヨタ内勤で技術とはほぼ無縁の仕事をして病みが深くなって泣きついて本社勤務に戻ったのだが(トヨタの社員じゃないよ)、配属部署がこれがまた技術アプローチが必要な部分でそれを全くしていないっていう恐ろしい部署で、しかも1年後にこれよろしく!って言われてた内容がインパルス応答の畳み込みっていうアプローチが必要な解析の精度評価。っていうのを誰もわかってない。なので、もとの能力を取り戻しながらなんとか数学アプローチを回避して対応する方法を模索していた。
要するに、アプローチ方法は気づいていたけど、数学が分からん!だから避けたかった!正攻法を避けたって、周りが気づいてないんだから問題なし!
ってのが半年前までの1年間。
ちなみに、電気系エンジニアは微分方程式が分からないとやってけない職業なのだが、工業数学ってのは恐ろしいもので、ほとんどのケースで必要な数式は過去の優秀なエンジニアがすでにまとめてくれてる。だからそれらの数式をありがた〜く使わせていただいて何とかなっていたわけ。
さて、今年、結局恐れていた仕事から外れることが分かりホッとしていたのだが、過去の経験から「この会社はやばくなると都合のいい奴に押し付けて逃げる」ってことで、予防策はとっておこうと数学の勉強を余計に本格化させた。
順不同だけど、「マンガで分かる微分方程式」。これはわかりやすい。電子書籍で買ってしまったので、ペーパー版を買おうと思う。
「工業数学が分かる」は、まぁ、面白い。ただ、どちらかというとデジタル系の数学。
「数学が分かる」は高校数学までの本で、これはこれでありがたいが、これじゃない。
「やさしく学べる微分方程式」は、優しくありません。少なくとも私には。
そして画像には上げてないけどソフトウェア「maxima」。これはすげー!
まぁ、この半年でわかったのはラプラス変換って微分方程式を解くためのツールだったのね… っていう、とっても学校を卒業した人間が発言する言葉ではない発見。
とりあえず、今からペーパー版の「マンガで分かる微分方程式」を発注するかな。
それまではmbedで自分に課した課題をやってみよう。
ところで一ヶ月ほど前、危惧していた仕事が「そもそもインパルス応答のアプローチでも無理っぽい」って気付いた。基準となるセンサーと測定対象とを比較するという機械の精度を定義するというものだが、そもそもその基準となるセンサーのインパルス応答が分かっていない(測定のしようがない)ので、もうお手上げ。絶対に俺に振るなよ〜 いまんところplanAさえないぞ。って、気づいてないだろうな〜。

« ウケる〜 | トップページ | 今年メラドまだ2試合しか行ってないのに »